• HOME
  • ABOUT US
  • WHAT WE DO
  • NEWS
  • SHOPS
  • RECRUIT
  • PRESS RELEASE
  • CONTACT
  • HOME
  • ABOUT US
  • WHAT WE DO
  • SHOPS
  • RECRUIT
  • NEWS
  • PRESS RELEASE
  • CONTACT

Nasu Yume Koubou.

The most unique factory in the world.

Quote Open 3

究極の着心地と、
美しいシルエットを生み出す

Quote Close 3

那須夢工房のスーツを纏った人はこんな表現をする

THE STORY OF

Nasu Yume Koubou

那須夢工房は1973年株式会社カインドウェアの
自社工場として誕生。今では国内外の
有名ブランドのスーツを生産する世界高レベルの
経製工場である。そのルーツは、 100年以上続く
日本唯一無二のフォーマルブランドの
KINDWARE、そしてDNAはスーツの本場
といわれるイギリスとイタリアから受け継いでいる。

1つ目のDNAは、英国王室御用達の
ハンツマンとの技術提携から得たものである。
那須夢工房の技術責任者はロンドンの
サヴィル・ロウで"上質"を支えるのは素材や縫製の
技術だけでなく作り上げる職人の夢や希望、 願いがあることこれがなければプラモデルのように誰でも
同じものを作れる品格と品質の高いものは
“想い”がないと出来ないことを学んだ。

那須夢工房は1973年株式会社
カインドウェアの自社工場として誕生。
今では国内外の有名ブランドのスーツを
生産する世界高レベルの経製工場である。
そのルーツは、 100年以上続く
日本唯一無二のフォーマルブランドの
KINDWARE、そしてDNAはスーツの本場
といわれるイギリスとイタリアから
受け継いでいる。

1つ目のDNAは、英国王室御用達の
ハンツマンとの技術提携から得たものである。
那須夢工房の技術責任者はロンドンの
サヴィル・ロウで"上質"を支えるのは
素材や縫製の技術だけでなく
作り上げる職人の夢や希望、願いがある
ことこれがなければプラモデルのように
誰でも同じものを作れる品格と品質の
高いものは“想い”がないと出来ないことを
学んだ。

THE STORY OF

そして2つ目のDNAは、イタリアの
技術者レオ・ロッジから伝授された
本来着心地があまり良くないスーツを
"究極の着心地"へと変える技術である。

背骨に全重心がかかるように
設計してスーツの重みを感じさせない
コストや手間が掛かってしまう上に
見えない部分なので省かれることが
ほとんどの工程を那須夢工房では
職人が丸縫いするようなフル
オーダースーツで用いられる縫製方法で
丁寧に一着を作りあげる。

この2つのDNAから高い技術力だけでなく
モノづくりの精神まで受け継いだそれらが
伝統を重んじるKINDWAREと
相交わり世界レベルの洋服づくりかできる
那須夢工房が生まれたのだ。

Made in Japan を超えた Made in Nasu を目指して。

そして2つ目のDNAは、イタリアの
技術者レオ・ロッジから伝授された本来着心地が
あまり良くないスーツを ”究極の着心地”へと
変える技術である。

背骨に全重心がかかるように設計してスーツの
重みを感じさせない コストや手間が
掛かってしまう上に見えない部分なので
省かれることがほとんどの工程を那須夢工房では
職人が丸縫いするようなフルオーダースーツで
用いられる縫製方法で丁寧に一着を作りあげる

この2つのDNAから高い技術力だけでなく
モノづくりの精神まで受け継いだそれらが
伝統を重んじるKINDWAREと
相交わり世界レベルの洋服づくりかできる
那須夢工房が生まれたのだ

Made in Japan を超えた Made in Nasu を目指して

What sets us apart from the world

那須の特報

260

以上の工程で生まれるスーツ


究極の着心地と美しいシルエットを
実現するべく、各パーツに手間と技術を
かけ作り込んでいきます。

毛芯縫製や棒衿、中間プレスなどの技術と手間を
盛り込んでいる為、一着縫製するまでに
他の縫製工場では200工程前後のところ、
最低でも260工程を要します。


究極の着心地と美しいシルエットを
実現するべく、各パーツに手間と
技術をかけ作り込んでいきます。

毛芯縫製や棒衿、中間プレスなどの技術と手間を盛り込んでいる為、
一着縫製するまでに他の縫製工場では200工程前後のところ、
最低でも260工程を要します。

着心地


スーツの着心地を左右するのは
首への吸い付きと、
前肩であることと言われます。

那須夢工房では地粋の麻芯へのこだわり、
複雑なクセ取りにより首の太さに
関係なく馴染む「棒衿」と呼ばれる衿を
形成する高度な技術力があります


スーツの着心地を左右するのは
首への吸い付きと、
前肩であることと言われます。

那須夢工房では地粋の麻芯への
こだわり、複雑なクセ取りにより
首の太さに関係なく馴染む「棒衿」と
呼ばれる衿を形成する
高度な技術力があります。

を左右する至極の衿

を左右する至極の衿

のシルエットを生み出す技術


那須夢工房が考える
理想のシルエットを生み出す為、
特殊な設計をした特注のプレス機を
使用しています。

重要な工程を経るごとに
中間プレスを入れ、
理想のシルエットを表現していきます。

理想

考え

つくされた芯地


スーツの着心地を左右するのは
首への吸い付きと、
前肩であることと言われます。

那須夢工房では地粋の麻芯へのこだわり、
複雑なクセ取りにより首の太さに
関係なく馴染む「棒衿」と呼ばれる衿を
形成する高度な技術力があります